これまでのあらすじ

こんにちは、世界を旅する予定だった、養豚のかつどんです。おいしいカツになるために、日々世界を旅していまして、それをブログにしています。ぶひっ。イベリコブタには、負けません。
いまは息子のとんかつが旅をしておりますので、皆さん応援してやってくださいね。

かつどん、旅の記憶
旅を決意する腰痛を患い旅を断念腰痛が嘘だと発覚どこかへ揺られる
とんかつ、旅の記憶    とんマップで行った場所を確認!!
ロンドン  パリ
ローマパンテオン ナヴォーナ広場 ボルゲーゼ公園 蚤の市 バス
食材ジェラート ピザ ローマ米 バーチ クリスマスケーキ カレー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かつどん親子を応援してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

とんかつ ポルタ・ポルテーゼ・パート2に行く

少しずつ日が短くなっていくこの時期、将来に一抹の不安を抱えてる豚も多いのではないでしょうか。大丈夫、君はきっと美味しい豚肉になれるよ。

こんにちは、とんかつです。今日はとてもお天気が良かったし、日曜日だったので、市場に行ってみよと思います。市場と言っても豚のセリではなくって、人間のための市場です。

日曜日の朝

ほら、こんなに青空が広がっているんだプゥ。外に出たら、一瞬ここはアメリカのグレート・プレーンズ (中央農業地帯)かと勘違いしてしまいました。

今日は小屋の近くでトラムを拾って市場まで出かけます。

ちなみにテルミニ駅からは14番トラムに乗って行けます。駅の近くでトラムを拾って、終点の手前で降りるともう市場の近くです。たくさん人が降りていくし、市場まで向かっていくので場所はすぐに分かるんだぷぅ。

ポルタパート2

ほら!鹿児島の養豚場みたい!!人でごった返しております。※鹿児島県は日本一食用豚の飼育数が多い。

ちなみに「ポルタ・ポルテーゼ」と言うのは、昔のローマを囲んでいた城壁にあったひとつの門の名前で、今でもローマの中央地区から西南西のところにあります。そこで開かれる「蚤の市」のことをそう呼ぶようになったんだけど、この市場の名前はちょっと僕が分からないので「ポルタ・ポルテーゼ・パート2」とタイトルにあるように勝手に呼んでいるだけだプゥ。本家の方は治安も悪いので、こっちの方が良いという話。

さてさてウンチクの話はこれくらいにして、ちょっと踏み潰されてミンチにされてしまいそうなので、安全なところに移動します。

移動中

ね??いい感じでしょ??でもこういう人でごった返しているところには、必ずスリがいるから僕も間違えてすられないように気をつけなきゃ。

お!!早速美味しそうなお肉屋さんを発見!!

肉屋

ああ、あの縛られてる豚肉・・・なんて幸せそうなんだろう・・・。いずれは僕も・・・。あっいけません!僕はトンカツになるんです。

それにしてもこっちは頼み方がちょっと変なんだプゥ。並んでる感じで黙っていると、まぁ大体の場合は順番がなんとなくあるけど、おばちゃんがいると平気で割り込んでくるんです・・・。豚の餌の時間だってちゃんとみんな順番守ってるのに・・・。まぁイタリアらしいと言えばらしいんですけど。ぷひぃん。それに 100g=1etto(エット)って言う単位で売り買いするから、なれるのには時間がかかりますプゥ。ちなみにグラムでも通じるよ!!

肉屋の肉

というわけで、1etto分を買ってみました。おいちゃんの目分量で切ってから測るので、若干多めになってたみたいだけど。

・・・ん~おいしい!!プヒプヒ!コショウが利いてるプゥ!!この生ハムが!!生ハムが!!!

ふぅ・・・ちょっと取り乱しちゃったプゥ・・・。おや?こんなところに美味しそうなフルーツ市場が。

果物市場

こっちの基本は量り売り。なんでも自分の好きな量で買えるからとっても便利。スーパーでも量り売りが基本なんです。

あ!!お友達発見!!

お友達

チャオ!!豚!!

・・・・・・返事がありません・・・。

ん?でもこの豚さん・・・・・・僕を・・・見てる???

ん?フォークを僕に・・・・・・向けてる???

んん??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


食べられる!!

プッヒィ~~~~ッ!!!!!!逃げろ~~~~。

プヒッ・・・プヒッ・・・プヒッ・・・プヒッ・・・プヒ~~~~。

・・・・・・・。

あれ??ここはどこだろう。

迷子

う~ん。弱ったなぁ。しょうがない、帰巣本能に頼ろう。じゃあみんな、ここら辺で。
スポンサーサイト
かつどん親子を応援してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

とんかつ ローマ米を炊く

始めちょろちょろ、なかぱっぱ、赤子が泣いても蓋取るな。こんにちは、とんかつです。

そうそう、以前にも言っていたけど、こっちでカツ丼やとんかつを作るのにはご飯が重要です。ご飯。ライス。と言うわけで今日はご飯を炊いてみたいと思います。※「とんかつ、ピッツァを食す」 の章を参照のこと。

このまえ韓国や日本の食材が置いてある店に行ったんだけど、そこに置いてあったお米の名前は・・・・

「日の出」

・・・・・・。

富士山の後ろに大きく昇る日の出と侍の絵がかいてある、なかなかファンカデリックなパッケージだったのでやめておきました。今度写真が取れたら撮ってきます。

そういえば、故郷の養豚場から豚歩で20分程のところにあるイタリア料理屋さんの大将がこんなことを言っていたのを思い出しました。

「長いお米とか買わなければ、それなりに美味しいお米が炊けると思うよ」

ふんふんなるほど。ちなみにこのイタリア料理屋さんはとっても美味しいところなんだプゥ~。まぁそんなわけで最寄りのスーパーに行ってきました。

ローマ米

何とか一番日本のお米に近そうな形のものを見つけてきたので、なんとか美味しく炊き上がって欲しいプゥ~~。でもこのお米1kgで1€と結構安いんだよね・・・。なんだか心配だなぁ。でも名前が「ローマ米」ってなんだか可愛らしいプヒッ。

さてさて、まずはお米を一合鍋に入れて、ささっと水で洗います。最初のお水はすぐに捨てることが肝心なんだって。ヌカくさくなるのだそう。しっかりと洗えたら、一時間ほど寝かせておきます。

さてここからが本番。お鍋を火にかけるんだけど「始めちょろちょろ」ではなくって、沸騰するまで一気に強火でいきます。沸騰するまではどんな具合かを見ながらやってるプゥ。

そして沸騰してから15秒置いて、弱火にします。ここからは量とかコンロの大きさにもよると思うけど、10分弱、弱火を続けるよ。豚は鼻がいいから、焦げ臭かったらちょっと火を抑えるとか早めに切り上げるとかするけど。

最後は10分ほど蒸らして出来上がり!!

炊きあがり

ほ~ら、美味しそうでしょ??

卵かけごはん

今日は卵との相性も見るために、卵掛けご飯にします。そうそう、キッコーマンの醤油が売ってたよ。

卵かけごはん2

まぁ美味しそう!!いっただっきま~す!!

ふご・・・・ふごごっ・・・・・・ふごごごごっ・・・おひしい!!!

ふごう、ふんふぁふふひた!!!
かつどん親子を応援してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

かつどん 父として叫ぶ

ばかやろーっつ!!
そんなので世界一のとんかつになどなれるか!!
ブゥッヒィィィィ!!!


ばかやろう!!

あっ!すいません。ついつい熱くなってしまいました。

父のかつどんです。ちょっと息子が不甲斐ないことを言っていたものでして・・・。※「とんかつ、食べまくる」の章の最後の分を参照のこと

イタリアの方角に向かって叫ぶために、養豚場のおばさんに方角を聞いてきました。おばさんは養豚場一世界に詳しいから間違いないはずです。うん、間違いない。

聞こえたか??とんかつ??

あ、ここで皆さんに重大な報告があります。一応分からない人のために前置きしておきますが、私は腰を痛めたために海外を旅できなくなってしまったのですね。ぶひ。そのときお医者さんがこう言っていたと書いたんですが・・・。

「サーロインの部分に肉がつきすぎている」

このときは私も全然不思議に思わなかったんです。・・・・・・そう、あの事件があるまでは・・・。

この間、養豚場でどこからともなくこんな噂が出てきました。

「あの医者は、牛の医者だ」

「あの医者は、豚の医者じゃない」

「あの医者は、コーラよりペプシが好きだ」

という噂です・・・。そこで私は重大なことに気づかされました。

豚に「サーロイン」はない。

そうなんです・・・、豚に「サーロイン」と呼ばれる部位は存在していないんですね。「ヒレ」と言う部分は皆さんご存知かもしれませんが、牛の場合は「ヒレ」を「サーロイン」と「らんぷ」で囲んでいるんです。しかし豚の場合は「ヒレ」を「ロース」と「もも」で囲んでいます。だから「サーロイン」という部分は豚には存在しないんですね。豚は牛ほど大きくありませんから、肉がそれほど細分化されていないんです。

というウンチクはここら辺にして。それで市で一番大きな病院に行ってきたんですが、「ロース」の部分の脂肪はやや多めなもののほぼ適正値であるとのことでした。

あの医者にはもう行きません。腰痛もただの一時的なものだったようです。

近々息子のとんかつに会える事を願っています。
かつどん親子を応援してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

とんかつ パンテオンを探る

あ、とんかつです。こんにちは。今日はパンテオンを探りに行ってみたいと思います。

さぁ、もう少しでパンテオンに・・・・・・あれ??こんなところに自由の女神がたっている。なぜ??フランスにもアメリカにもお台場にもあるから、いろんなところにあっても当然なのかなぁ・・・。ちょっと上ってみましょう。

う~ん・・・顔をまじまじ見るとなんだか女神なのに男っぽい・・・。

ぶひっ!!助けて!!!この女神、なんか動き出しました!!!

自由の女神

ひいぃぃぃ~。捕まってしまいました・・・。自由の女神に自由を奪われてしまうとは・・・。50セントあげるから許して頂戴とお願いすると、何のことはなく放してくれました。ありがとうおじさん。

そうそう、話は戻ってパンテオンですね。

パンテオン

ここにはチラッとこの前も触れましたが、「メロッツォ・ダ・フォルリ」の受胎告知などあったり、建造物だけではないんですね。特に興味深いのが、柱と入り口の門との間に空間があるんですが、その天井が木で組まれているんです。

パンテオンの天井

ね??ここローマの古代建築で、こんなに木が使われているのって予想外だプ~。他にはあんまり見ないし・・・。

そして中に入ると大きな穴が。

パンテオンの穴

この光で、建物の中は明るくなっているんです。でももちろん、雨のときは雨が入ってくるんだよ・・・。そして写真では分かりにくいかもしれませんが、この穴すっごく大きく見えるんです。だけど本当は9mくらいしかないんですって。天井の遠近法を演出している模様にだまされちゃったプゥ~~~。

そしてこのパンテオンにはかの有名な画家、「ラファエロ・サンツィオ」のお墓があるんだぷひっ!!なんだかサンツィオって、美味しそうな名前だなぁ・・・。きっといい人だったんでしょう。

まぁ詳しいことはTBSのひとし君あたりに任せることにして、ちょっとパンテオンのそばにある美味しいジェラート屋さんを紹介します。

美味しいジェラテリア

パンテオンを正面に見て右側の路地を入っていったところにそのジェラート屋さんはあるんだぷぅ。丁度写真の中心あたりのところだよ。



ここ、ここ!!これがとっても美味しいジェラート屋さんです!!僕のお奨めは特にフルーツ系です!!チョコレートもやっぱり美味しいんだけど、フルーツはもうたまりませんっ!!たまりませんっ!!

では早速いただきま~す。

ジェラート・イチゴパイン

ぷっひ~~~!!イチゴとパインを頼んでしまいました。美味しいすぎるプゥ~~~。やっぱりここのジェラートは最高だプゥ。そしてこれだけ美味しいってことは、やっぱりあれも・・・。

ジェラート・チョコレモン

そう、チョコレモン・・・。ああ・・・やっぱりフルーツもチョコも美味しい・・・。

変な顔四人衆

「うまい!!!」

そういえば、アイスクリームってイタリアで始まったって知ってました??知り合いのイタリア人から聞いた話なんですが、僕もそれまで知らなかったプゥ~~~。

ジェラートって豚の飼料にぴったりなんじゃないかなぁ。ジェラートで豚を育ててみたら、きっと上品な味の豚肉が出来上がるんじゃないかなぁ。

ああ、そうそう、さっきの人たちはパンテオンの噴水の前にいました。

変顔のあるモニュメント

あそこにいるからね~~~。

ジェラートを食していたらすっかり夜になってしまったので、さて小屋にでも帰りますか・・・。

ん??なんだろう??なにか強い照明が夜の街を照らしています・・・。

ロケ

なんだろう・・・わかった、きっと菊の栽培です!!

と思っていたら隣のおばちゃんが

「三人のハゲがやってるドラマの撮影だよ。それはそうとあなたは食用の豚かい??それともペットかい??」
「食用です」

と教えてくれました。なんのドラマなんだろう・・・。タイトルよりさきにハゲ三人で説明されるドラマって一体・・・。

というわけでとんかつでした。
かつどん親子を応援してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

とんかつ 食べまくる

こんにちは、とんかつです。

今日は食べ物特集ということで、今日までに食したものをランダムに紹介します。

とりあえずイタリアといえば・・・


豚の丸焼き

!!!!!!!!!!!!!

バール

そう、バ、バールですよね。ひとつ写真を間違えてしまいましたね。でも彼は幸せそうな丸焼きっぷりだったなぁ・・・。みんなに美味しそうだとケース越しに眺められるんです。そしてちゃんと全部食べてもらえるといいね・・・。

あ、そうそう、バールです。

バールご飯

この写真の僕は寝起きだったのでちょっと顔色が悪いですが・・・。でも美味しそうなパンとエスプレッソでしょ??隣にはチョコのついたお菓子もあるし。実際美味しいんですよぉ。このバールは小屋の近所にあるんだけど、とっても小奇麗なところで、綺麗好きの豚にとってはとっても心地よいんです。あぁ~ぷっひ~。

さてさて次は「Baci(バーチ)」というチョコレートを紹介します。

バーチ

イタリアの街を歩いていると至る所で売られているんですが、これがとっても美味しいんですよ!!ヨーロッパのチョコレートは濃厚すぎてちょっと・・・って人にもこのチョコレートはお勧めできます。知っている人も多いかな??濃厚なチョコレートの味は残しつつ、なかなかさっぱりとした印象。残念ながら肉料理には合いませんが・・・。お土産には値段も手ごろで可愛らしいし、良いんではないんでしょうか??

そしてこの「Baci」はいろんなバリエーションがあるんだプゥ!!

ベーシックなものはチョコの中にナッツみたいなのが入っているんだけどね、他にもこんな感じになってます。

バーチジェラート

まずは「Baci」のジェラートだふごっ!!・・・ちょっと興奮して鼻息が荒くなってしまいました。失敬失敬、ふごっ・・・・・・。

写真のカップは「Baci」と「Caffe'」が二つ盛られていますが、濃い色のほうが「Baci」です。この組み合わせはとってもグッドでした。他にも売っているところがあるかもしれませんが、とりあえず今のところは「サンタ・マリア・マジョーレ大聖堂」の前にある「サンタ・マリア・マッジョーレ広場(Piazza Santa Maria Maggiore)」のところにあります。教会を背にして右手にあるバールで買うことができるプゥ。

さてさてお次は皆さんもご存知のマクドナルドからです!!

マックバーチ

これも「Baci」のアイスですが、ジェラートとはちょっと違った味で、これもまた美味しいっ!中にナッツみたいな硬いのが入ってるから、アクセントも効いているんだな。

どっちが好きかは人によってまちまちだね。

あ、そうそう、マックといえばイタリアのマックカフェ!!
マックカフェ

最初はマックの隣にちっちゃなバールがあるなぁ、変なとこに間借りしてるもんだ・・・と思っていたんだけど、実はマックが運営してるバールだったんですね。こんな感じでバールチックなものが買えてしまいます。とっても美味しいんだプゥ。そしてこのデコレーションされたカプチーノも可愛いでしょ??そしてとってもリーズナブル!!・・・・・・ブル??僕はっピッグです。

そういえば僕の養豚場のお兄さんはドーナッツ工場の所長さんでもあるんですが、そのお兄さんにして

「このドーナッツはうまい!!チープな味がたまらない!!」

と言っていました。今日の豚でさえグルメなのに、チープな味が好きな人間ってなんか変だなぁ。だけどドーナッツは本当に美味しかったです。

あ、そういえばこんなものを見つけたプヒッ。

緑茶

緑茶です。グリーンティ、イタリア語にすると「TE' VERDE」になりますね。お茶ってホントは緑なんだけどな。

でもこう外国を長らく旅していると、日本ではそんなに欲しくなかった味が恋しくなるものでして・・・。今日は緑茶で一息ついたところで、日記を終えたいと思います。とんかつでした。


お父ちゃんへ

イタリアではなかなかカツ丼にあった食材が見つかりません・・・。本当にあるのかなぁ。
かつどん親子を応援してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

とんかつ ピッツァを食す

今日は近所のピザ屋さんに行って、切り売りのピザを買ってきました。

ピッツア

左のピザが「キノコとモッツァレラチーズ」で、右のピザが「ハムとモッツァレラチーズ」になっています。う~ん、美味しそう。このハム、当然豚肉です。お前も幸せに食されるわけだなぁ・・・うらやましい。

そうそう、僕たちのような食用の動物が一番嫌いなのは食べずに残して捨てられることです。だからみんなも大事に食べてね?

と硬い話はここまでにして、早速ピザを食べてみます。では左のキノコから・・・。



もぐ・・・もぐ・・・ふごっ・・・ふごふごっ・・・ぷひっ・・・もぐもぐ・・・・・・。



う~んこのキノコとモッツアレラの絡み合いがたまらない・・・。片方は豚をとろけさせる様にまろやかで、片方は逆にしっかりと意志のある、なんとも絶妙な味ですこと。美味しい・・・。

では右のハムのほうを・・・。



もぐ・・・もぐ・・・ふごっ・・・ふごふごっ・・・ぷひっ・・・もぐもぐ・・・・・・。



あぁ~やっぱりこれも美味しいわぁ。う~ん、さすが食の都イタリア・・・。全部が全部美味しいプゥ~・・・。

あ!!そうか!!これだっ!!チーズだ!!とんかつの中に、本場のチーズをふんだんに押し込めたチーズなんてどうだろう・・・。ああぁ、考えるだけでたまらない!!プヒッ!プヒッ!!プッヒッ~~~~!!

ちょっと暇があったら、こっちにいる間に実験してみようかな。

以上、とんかつでした。
かつどん親子を応援してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

とんかつ ジャニコロの丘へ行く

・・・・・・・駅の裏に、駄菓子屋がある。

こんにちは、とんかつです。今日はジャニコロの丘へ行って見ようと思います。お父ちゃんから聞いたところによると、ローマの街が一望できてとっても綺麗なとこらしいです。お父ちゃん曰く、

「リブロースより価値がある」

とのことです。さてさてどんなところなんでしょうか。

結構高い丘なので、ふもとのところで115番のバスを捕まえて行くと、丘の上まで一気にいけます!ぶほほ~い!ジャニコロ!ジャニコロ!豚の報い!

ジャンニコロ

と、いうわけで、一気に丘の上まで来てしまいました。・・・・・・う~ん素敵・・・。今日は朝から曇り空だったんですが、僕がつく頃にはお日様が出てきてくれました。お父ちゃんの言うとおり、とってもいいところですねぇ。

でも僕は、リブロースが好きです。

この丘は地元の人が子供をつれてやってきているみたいです。

メリーゴーランド

こんな感じのメリーゴーランドなんかがあって、子供が遊ぶのにも最適です!!僕は体長制限に引っかかって乗られませんでした・・・。残念残念、豚の報い 。

おや?あんなところに人だかりが!何でしょう何なんでしょう?ちょっと覗いてみますか。

人形劇

なんと人形劇でした。イタリア語だったからどんな内容かはわかりませんでしたが、きっと僕が考えるにこんな感じです。


白い男→ナポリ生まれの肉屋。この前まで魚なんて食べるか!と思っていたが、昨日初めて食べた魚が意外と美味しくて、転職を考え始めた豚の風上にも置けないやつ。33歳。

紳士→豚肉をこよなく愛する養豚場の経営者。日曜日にテルミニ駅をうろちょろしては、観光客に道を聞かれるのを楽しみにしている。54歳。

紳士「おいっ!俺がお前んとこに送った豚は三匹だぞ!!二匹分のお金しかもらってないじゃないか!!」
肉屋「そんなことないぜ!ちゃんと払ったぜ!」
紳士「ばかやろう、肉屋!!俺はそんなにもらってないさ!」
肉屋「うるさい、紳士!!おいらはちゃんと払ったぜ!チャオ!!」

みたいな感じでしょうね。なんと楽しそうな人形劇でしょうか。おばさん豚のカツ子さんが飛びつきそうな話題です。

あ、なんかお腹すいたなぁ・・・。なんか大きなパイナップルでも、落ちてないか・・・・

パイナップル

あった!!でっかいなぁ。1mはありそうな・・・。でもなんだか様子がおかしいです。食べられなさそうだなぁ・・・。何なんでしょうか、このパイナップル。

そうそう、10月の終わりくらいからぽつぽつとローマの街に姿を現す栗やさんがいるんですが、このジャニコロの丘でも商売していたので、まんまと買わされてみます。

栗

ね?美味しそうでしょ??この前から気になってたんだよなぁ。こっちの栗屋さんたちは、焼く前に切込みを入れて鉄板の上でこんがり焼くので、とっても香ばしくて美味しいの。ぷひっ!ぷひひっ!!こうなっていた方がかなり食べやすいですよね。蹄だと剥けるというよりか、つぶれてしまうんです。

そうそう、このジャニコロの丘から街を見下ろすようにたっている銅像があるんです。

馬

ガルバルディ将軍というとっても偉い人の銅像です。この人はイタリア統一に貢献した人なんだそうです。イタリア統一を邪魔しようとしていたフランス軍と、バチカンの南に位置するこのジャニコロの丘で必死に戦って大活躍したんだそうな。そしてこの人よりもさらに偉いヴィットーリオ・エマヌエーレ二世という人の像は、ローマの街の中に立っているんですが、このガリバルディさん、そっちの方を遠く見据えているように立っている感じです。

う~ん、なんて素敵。リブロースよりもリッチな気分になってきました。

ああ、それにしても香ばしい。もぐもぐ。

以上、とんかつでした。
かつどん親子を応援してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

とんかつ ジェラートを食す

ジェラート

こんにちは、とんかつです。

イタリアといえばジェラート、ジェラートといえばイタリアということで、今日はジェラートを食してみました。お父ちゃんが教えてくれた「おーどり」さんも食べていた、言ってみればアイスクリームです。そういえばおーどりさんは女優さんだったんだね。こんど「ローマの休日」っていう映画も見てみたいと思います。

ジェラートといえばコーンやカップで食べるのが一般的だと思うけど、こっちで生活しているとバケット買いした方がお得なんです!!だけどローマの中央地区のお店だと少し高いから買うときは気をつけてね。バールもジェラート屋さんも、人間が住んでいるところにある店のほうが当たり前だけど安いんですねぇ。例えるならば、浅草でみたらし団子を食べるより、養豚場の近くのスーパーで買った方が安いってことでしょうか。

ちなみにジェラートの味は左上から時計回りに「イチゴ」「チョコレート」「レモン」「ピスタチオ」です。

「ピスタチオ」はなかなか日本だと聞きなれなかったんだけど、意外と美味しいんだプゥ!!まだ食べたことないって人は、ぜひ食べてみて頂戴。

そしてお勧めの組み合わせは「チョコレート」と「レモン」!!以外にこのミスマッチ感がたまらないんだプゥ!!先にチョコレートのほうから舐めていってレモンの方まで舐めるのがたまらないっ!!きっと雑食の豚だからこそ発見できた味でしょう。結構癖になるかも。

「イチゴ」!フルーツ!とっても美味しいんだプゥ。


そうそう、この前パンテオン神殿に「ポントルモ」があるって言ってたけど、あれは僕の勘違いで正しくは「メロッツォ・ダ・フォルリ」って言う画家さんでした。バチカンにもフレスコ画があったりするくらい結構有名な人です。ごめんなさいねぇ。
かつどん親子を応援してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

かつどん 遠い空を見上げる

見上げる

とんかつよ・・・元気でやっているか・・・。

あ、お久しぶひです。父のかつどんです。なんだかとんかつのブログになってしまっていますが、一応僕のブログなんです。まぁ腰が治るまではしょうがないか。

腰の様子ですが、この前お医者さんに見てもらったときは、かなり症状は改善しているとのことでした。サーロインのあたりも脂肪が適正値に戻ってきたそうで。早く息子のもとへと行きたいものです。ぶひっ。

でもここまで息子が大活躍してくれるとは、うれしい誤算ですね。ぶひひんっ。たまらないっ。フィッシュ&チップス、たまらないっ。

というわけで、長時間パソコンに向かうのもお医者さんから止められていますので、ここら辺でお別れですね。チャオ!とんかつ!


とんかつへ

おおどりは鳥じゃなくて、女優さんだ。そしてあれは養豚場じゃなくて、コロッセオだ。
かつどん親子を応援してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ

とんかつ ローマを観光する

さて、今日はイタリアの国民の休日なので観光でもしてみますか!

あ、そうそう!この間の日曜日はサマータイムから普通の時間に変わる日だったんですよ。8時に起きたはずが、テレビをつけたらまだ7時。あっれ~僕の腹時計はお父ちゃんの次に正確なのに・・・、と思っていたら小屋メイトのオランダ人が、

「Hey, you!! キョウハ、Summer Timeカラ、フツーノジカンニ、カワルヒダゼ、コブタチャン!!」

と、丁寧に教えてくれました。プゥ~そういうことだったのね。

さてさて話は戻ります。

ATAC.jpg

今日はローマ市内を縦横無尽に走っているバスに乗ってお出かけです。「テルミニ」駅の前に大きなバスターミナルがあるんですけど、そこにインフォメーションがあるんです。そこに行って行き先を伝えれば、何番バスに乗ればいいか教えてくれます。でもイタリア語も英語もできない人でも大丈ブゥ~。インフォメーション正面のガラスのところに、観光名所の名前とそこに行けるバスの番線がご丁寧に書いてあるんです。「La Piazza di Spagna(スペイン広場) 175」って感じでね。

あ、でもそこに書いてあるバスは、大勢の人が乗ってくるので、スリなどには気をつけて!冗談ではなくローマでは本当にスリに気をつけた方がよさそうだプゥ。

パンテオン

さぁ~~着きました!パパパパパンテオン神殿!!この中は教会みたいになっていてます。中には「ポントルモ 」などの絵があるので、ぜひ見てみて。ちなみに日曜日はミサが行われるので中が見れません・・・。中を見に行くなら平日が良いかも。

フォロ・ロマーノ

ここは場所が変わって「フォロ・ロマーノ 」という古代ローマ帝国時代の遺跡です。パンテオンとかスペイン広場よりは有名じゃないけれど、ここはそれ以上に感動すると思うプゥ。後ろにはとても大きな養豚場まで見渡せるんですねぇ。

あっ、後ろの神殿の上を見てください!!!

ん?見えない?じゃあ仕方ない。拡大してあげるから。

アヒル

ね?見えますか?高すぎて降りられなくなったアヒルさんですよきっと!!今が食べ時って感じの体つきですね・・・もったいない。

コロッセオ

ほらほら、これがさっき後ろに見えていた養豚場です。でっかいでしょ~~?でもここはセレブゥ用の養豚場なんでしょうか、入場料も取られちゃうし、人でいっぱいです・・・。ご挨拶したかったんだけどなぁ・・・。入場料10ユーロって、そんなにあれば美味しい餌が10kgは買えてしまうもの・・・。ここは我慢しておきます。あんまりセレブゥは好きじゃないしね。

ハロウィン

そうそう昨日はハロウィンでしたよね。町のバールにも昨日の残骸が残っています。でもイタリアでは、ハロウィンはあまりやらないんですって。ここ最近やるようになったらしいですが、ほんの五年も前にはほとんどやってなかったそうな。なんでもそこのバールのおばあちゃんが言うには、

「イタリアの文化じゃないから、イタリアでやっても滑稽だわねぇ。でもまぁかわいいコブタチャン。今夜家のかまどでピッツァにならない??」

「あ、やめときます」

とのことでした。イギリス人がやってるのを見るのは楽しいし、それはイギリスの文化だから良いんだそうです。

では最後になりますが、豚の世界で有名なことわざを紹介します。

「硬いものは、蹄でかちわれ」

以上、とんかつでした。
かつどん親子を応援してね!

にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ
プロフィール

tonblo

Author:tonblo
世界を旅する豚のとんかつです。

最新の記事
最新のコメント
人気記事TOP5
ブックマークとランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
かつどんの友人たち
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。